体験のできる宿泊施設 NPOしおのえセカンドステージ

体験内容

わたしたちがお手伝いします

  • そば打ち・うどん打ち・竹細工・石の文鎮作り
    各 1,080円(1~2時間ほど/2名より)
  • こけ玉作り・草木染め
    各 1.300円(2時間ほど/2名より)
  • マイ箸・ペン立て・本立て作り
    各 410円~(1時間ほど/2名より)

※要予約 10日前まで

※体験人数など相談に応じます。お気軽にお問合せください。

お問い合わせ

セカンドステージ外観

NPOしおのえ セカンドステージ
http://hotel-secondstage.com/

  • 高松市塩江町上西乙1118-8
  • TEL 087-893-1100
  • FAX 087-893-1101
  • E-mail info@hotel-secondstage.com
  • 定休日:不定休

ブログはこちら

セカンドステージ写真

湖のほとり、広大な敷地にリゾートホテルのような宿泊棟を中心に、ウッドデッキやバーベキューハウス、菜園や手作り体験ルーム、クラフトハウス、陶芸窯にカブトムシの養殖場などなど、多彩な施設が点在しています。そこでは、当然、多彩な体験ができます。
 その一例を紹介すれば、「うどん打ち」や竹とんぼや花かごの「竹細工」、季節には「あめご掴み取り」、石の文鎮づくり、パンづくり、茶摘み、木工など。春は桜に新緑、夏はホタルに川遊び、秋はモミジと、豊かな自然の中で、家族や友人同士、笑顔のひとときが待っています。

この日は、人気NO1「そば打ち体験」を、スタッフの方々に紹介してもらいました。

セカンドステージ写真

①初心者でも作りやすいレシピ「そば粉300g・うどん粉700g・水400g」を用意します。粉を混ぜ合わせ、水を入れて、こね回すのではなく、指先でほろほろという感じでむらなく混ぜ合わせます。粉を混ぜる感触は、子どもたちにも楽しい作業♪

セカンドステージ写真

②まとめて円すい形の団子のようにします。それを、
うどんづくりのように体重をかけて踏みます。手でこねるのは、
大変力がいります。

セカンドステージ写真

③続いては、延ばす作業。手を開いて、麺棒を転がし、生地を少しずつ回します。 そのとき、生地の厚みにむらがないように!気をつけないと、端が薄くなってしまいます。角から麺棒に巻き付けて、1、2、3で戻します。

セカンドステージ写真

④打ち粉を多めに振り、小さくたたみます。それを端から、包丁で切っていきます。 生地を破らないよう軽く板を置いて、斜め前に包丁を出すように切っていきます。このとき、体を斜めにしないと、包丁が真っすぐ入りません。

セカンドステージ写真

⑤たっぷりわかした湯で、そばをゆでます。 くっつかないように箸でほぐしながらゆであげていきます。山あいの風景に囲まれ、大鍋から立つ湯気が、心までほぐしてくれます。

セカンドステージ写真

⑥ゆで上がったそばは、鍋から素早く上げて、冷たい水にさらしてぬめりを取ります。ざるにとって水を切り、食べやすいようにまとめて、盛り付けます。

この日は、地元で取れた新鮮野菜がたっぷり入った「しっぽくそば」。 旬のふるさと料理で、心の底から温かくなりました。自分で作ったものを、いただくといろんなことに気づきます。 食の大切さ、日々のお母さんのご苦労、ご家族にもおすすめの体験です。